劇場

エ―と、毎日天気が悪いです。
雨ではないけど、青空が見えません。

さて、前夜祭はアンダルシア舞踊団でした。
あれが完成形だとはとても思えない。
アイデア詰め込み過ぎ。
軽く2時間超えの作品。
75分位に刈り込むと良くなるのでは、、、。

続く初日はカナ―レスとグリロ!
面白かったよ!
最初の方はグリロに押されてるみたいに見えたカナ―レスですが、やっぱり流石ですね。
結局最後はさらったかな?

来週は時間ができるので写真は来週上げます。

スポンサーサイト

今年の

今年
やっとテスト成功!
今年のフォルダ―です。
要するにデ―タアップに時間がかかるのね。

上手く行かない

写真載せようとしてるんだけど、うまく行かない!
また、あとで。

相変わらず

天気が悪いです。
でもこれから外出して新しい店など見て来ます。

到着

延々と乗り次いでやっとたどり着いたヘレスは雨でした。
眠い😵💤⤵

タコン・フラメンコ

taconflamenco

へレスフェスティバル期間にウトレラでもフラメンコの催しがあります。 2016年にはアンへリータ・バルガスが出演したやつです。
2017年5回目の開催。
2月26日と27日にはアーティスト大量出演の公演があります。
両日ともファルキート出演。
カナーレスとかパストーラとかも踊りますよ。
でも、時間が、、、18時30分からだからレッスン時間の関係で絶対見に行けません。
というか、もし仮にこの公演見たとして、またへレスに戻って21時からの劇場に間に合うのか?ってのも疑問。
多分、電車移動だったら無理だよね、、、。

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

クルシージョのスタジオ発表

今朝メールをチェックしたらフェスティバル事務局からクルシージョのスタジオを知らせるメールが来てました。
これあらかじめ発表してくれると助かる。
だって外部クラスを受けようかな、、、と思っていてもスタジオの場所の兼ね合いってもんがあるから。
これ、へレスフェスに参加した人ならわかるよね。
スタジオはへレス中に散らばってるから場所によって移動時間が大幅に違う。

今回はなんと、、、1週目は2クラスともサンティアゴ地区だ。
ワオ!
遠いぜ!
2週目は1クラスだけしか取ってないけど、これまたボデガ。
近いとは言えない。
ここは好きだから良いけど。
だって、建物が素敵だし、そこはかとなく漂うシェリー酒の香り、、、。
ホテルから一番近いビジャマルタにはフラれました。
残念。

あとね、劇場の傍にあるホテルの中でスペイン語の授業が受けられるそうです。
これも、興味あるといえばあるんだけど、、、。
ただねえ、1週目は時間的にきついし、2週目だけ受けたとしても、、、語学ってコツコツ時間かけないと上達しないからねえ。
1週間位じゃ意味ないかなあとも思います。

踊りのクルシージョはクラス毎にテーマが決まってるじゃない。
アレグリアスとかソレアとか。
でも、語学の場合テーマ絞るってよりやはり、どちらかと言えば全般的に学ぶことになるから、、、。
1か月位あれば良いでしょうけどね。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

今年のへレス 番外情報

poster

フェスティバル期間中のペーニャの催しチラシです。
期間中にはいろんなクルシージョもありますよ。 フェスティバル事務局主催じゃないやつね。
ファルキートのクルシージョもあります。 ホセ・マヤ君もやります。
私はさすがにこの方々の受ける気はありませんが、、、、お若い方は一度位ハンサム君に習ってみるのも一興かもです。

オフヘレス

フェスティバル期間中にライブハウスで開催されるフラメンコライブ。

オフヘレス知っているかな?

去年はファミリアファル―コのカルペ―タとファル―カが出演しました。

今年も期待してたんだけど、残念‼

プログラム発表されたけど、今年は名前がありませんでした。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

バタクラスに新人加入

すぐブログをサボっちゃうのですが…。

今年からバタクラスに新しい仲間が2人加わりました。

現在このクラスではマントンを使ったアレグリアスの振付をしています。

でも、新人君の為に結構基礎に力入れたレッスンにしてます。

このアレグリアスはバタのテクニック的にはあまり複雑な事はしていません。

マントン捌きも同じくベーシックなテクニックで振付してます。

でもね、とても見栄えがするし踊っていて楽しい振りなのです。

マティルデ・コラールのセビリアのアイレです。

新人君たちが参加するのには良いタイミングでした。

バタは着て立ってみると分かりますが、裾が長いから場所を取るのです。

それを着ているあなた自身がいつもより場所を取るのです。

つまりね、短いスカートの時より大げさな存在になっちゃうのですよ。

バタのせいで全てが幾分か誇張されるのですね。

でね、そうなると、バタのせいで場所を取っている足元とバランスを取るために上半身の形についてを考えざるを得なくなるのです。

そうですね、上半身の構え方、ブラソとクエルポの位置取りなどなど。

より大きく多くの空間を占めるようにしないと全体のバランスが取れなくなるのです。

そんなこんなで、、、私自身、バタをやって一番良かったなと思うのは、重心がしっかりしたことと、クエルポの作り方に関して
よりシビアに自分をチェックできるようになった事でしょうね。

新人君たち、まだ2回しかレッスンしてないから大変だと思うけど、大丈夫。 

ちゃんとできるようになるよ!

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

tokidoki

Author:tokidoki
新宿村スタジオと新中野スタジオ・エポカでフラメンコ教室を主宰しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
タグ

フラメンコ フェスティバル・デ・へレス 単なる日常 スペイン 買い物 発表会 プチ小西 高円寺 グルメ 阿佐ヶ谷 七夕 ライブ 阿波踊り カルロス・グリロ  ゲルニカ エル・フラメンコ ホームページ ギガ恐竜展 エル・ファルー 紅マドンナ お祭り 動画 ダンス ファウンダー アトーチャ駅 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR