FC2ブログ

音合わせ

3 mujeres

昨晩は11月のタブラオライブの音合わせ第一回目でした。
初回はいつもちょっと緊張?
みんな緊張すると踊り急いでしまうのね。
本当は初回ほど落ち着かなくちゃ。
そしてムシコと会話する様に踊らなくちゃです。
なんか、一方的に喋って終わったって感じだよね。
特にタラントスの歌振りなどは、カンテの語りかけに如何にコンテスタシオンする(レマーテする)かってのが大切でしょ。 
ま、そこに尽きると言っても過言では無い。
早押しクイズじゃ無いんだから勝手な予測で答える(コンテスタシオンする)のはだめ。
あとね、これはもうみんな分かってるでしょうけど、振り付けを正しくなぞれる=踊れるでは無いと言うことを今一度肝に命じましょう。
皆さんはもっと踊れるはずです。
さあ、本番に向けて集中!


スポンサーサイト



テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

皆さんありがとう

発表会終了後 なんだかいろんな物を頂きました。
ご自宅で取れた大きな柿(ホントはもっと沢山いただきました)や素敵な写真や、、、、。

頂き物

それからこんな詰め合わせまで。

頂きました

皆さんありがとうございました。
全て美味しく頂きます。
写真はデータを頂けるそうなのでホームページにアップする予定です。

発表会終了しました

発表会終わりました

昨日10月8日は発表会でした。
お蔭さまで皆さんから沢山の暖かいハレオと拍手をいただき、無事終了しました。
ご来場下さいました皆様に心から感謝!
そして、頑張った生徒さん達にも心から感謝!
毎度お付き合いいただくムシコの皆さんにも、『ありがとうございました』。

私の教室はフラメンコキャリアが長い人たちが多いので、と言うか、大半の人が10年20年選手です、先生としては何かと楽です。
細かい事は言わなくても、なんか、皆自主的にやってくれますから。
発表会に伴う雑事でちょっとめげてる先生を生徒が励ましてくれたりします。
すみませんね、気を使わせて。

とにかく、元気に楽しく踊れたのが何よりです。
皆さんの進歩が目に見えたのもうれしかったです。

今日からまた新しい一歩を踏み出しましょう。


テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

発表会準備進行してます

エンサージョ進行中

これとっても昔ヘレスで買ったマグネットです。
ギター、カンテ、カホン、バイレ、パルマ?がありました。
パルマ?はね、パルマなのか男性の踊り手なのかよくわからないから。
でもギターが無くなってしまいましたので今回はこの2人でゴメン。

さて、8月に入って暑さの中、歌い手との合わせが始まりました。
ギターさんには毎月来てもらっていますが、なかなかカンテさんまでは呼べないので、発表会の時にはできるだけ沢山練習できるようにしています。

やっぱりギター、カンテが揃うと良いですね。
踊る気になります。

生徒さんたちは余裕のある人、無い人色々ですが、、、誰にとってもお勉強になる事は間違いなし!
彼女たちがやりがちなことは、ともすると歌を聴き過ぎてしまう事。
歌とギターとパルマを全部上手に聞く事が大切ですよ。
上手く聞けるようになると踊るのはとても楽になります。
だってみんな助けてくれるから。

では、皆さん、少しは涼しくなって来た事ですし、頑張ろう!

発表会のお席予約 本日より受付開始しました。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

6 Mujeres に思うこと

タブラオライブ 6 Mujeres 昨日無事終了しました。
今回のライブはなかなか見応えのあるものになったと思います。
それは、踊り手一人一人の個性や持ち味の違いがが出ていたからだと思います。

初めて参加したKatoちゃんとEriちゃん:
凄く頑張りましたね。
音合わせの回数を重ねるごとにお二人の踊りが変化して行く様子がはっきりと分かりました。
初めて参加の時は誰でもあれこれやらなければいけない事があって大変だったと思います。
が、真面目なお二人は指摘された事や要求された事にちゃんと正面から向きあって、一つ一つ克服していったのでしょう。
その真摯な姿勢が踊りに現れていました。今回の経験から学ぶ事は多かったと思います。
これからも是非参加してね。

桜ちゃん:
きっと一杯練習したんでしょうね。
音合わせの時 グラグラだった身体がしっかりしていました。
本番が一番、音楽を良く捉えていたし、身体だけでなく気持ちも入ってました。
もともと足は強いんかだら、今回のようにメンタルと身体を落ち着けるように練習して行けばもっともっと良くなるよ。
根性ある人なんだからこれからもどんどん挑戦して行きましょう。

よりちゃん:
大変だったね、今回は。
でもね、ライブ感満載で良かったよ。
フラメンコは人生だよって思った。
本人はほんとに焦ったりしたと思うけど。
すぐリカバリーして行ったのは立派です。
多分、今回の経験で精神的にタフになったんじゃないかな。
それは今後の踊りに生きてきます。
踊り手は繊細な感覚と共にタフな部分を持ってなきゃです。

永瀬君:
とにかく持ち味全開で楽しかった。
歌の入りが違っても慌てず対処したのはさすが。
これまでのキャリアはだてじゃないって事ね。
もともと個性的で遊び心がある人だから、ガロティンはピッタリ。
是非是非 自分の持ち曲にして、永瀬ならではのガロティンを作り上げて行ってね。

松田君:
タラントは踊り手にとって難曲です。
とにかく歌との絡みが多いからねえ。
でも練習の時からホントに良く聴いてたね。
ある意味、松田君の踊りは安心して見ていられます。
それはね、もし何かあってもこの人は自力で何とかするだろう、、、と思うから。
そう思わせる物が松田君にはあります。
目指せ大物。 しなやかさの追求を忘れずに。

最初の頃は恵比寿で始めたライブも大分回数を重ねてきました。
教えられた事をただただ忠実に踊る事から始まって、今では各自がそれぞれの持ち味を盛り込めるようになってきました。
もともとフラメンコは個の踊りです。
だから、これからも『私はこう踊る』ってとこを追及し主張して行って下さい。
皆さんの次回を楽しみにしています。


テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

tokidoki

Author:tokidoki
新宿村スタジオと新中野スタジオ・エポカでフラメンコ教室を主宰しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグ

フラメンコ フェスティバル・デ・へレス スペイン 単なる日常 買い物 発表会 映画 グルメ ライブ プチ小西 阿佐ヶ谷 高円寺 イスラエル・ガルバン 阿波踊り 七夕 エル・ファルー ガルロチ カディス クィーン アトーチャ駅 カルロス・グリロ ゲルニカ  エル・フラメンコ バレエ ワイン アンヘル・ムニョス フェイスブック ホームページ 恐竜博 お祭り ギガ恐竜展 紅マドンナ 動画 マルコ・フローレス マリマル・モレーノ ファルキート ファウンダー ダンス 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR